JMeter GUI: テスト計画とワークベンチ

JMeter を起動するとすぐに 2 つの要素が表示されます。

  1. テスト計画
  2. ワークベンチ

JMeter GUI

テスト計画とは何ですか?

テスト計画では、JMeter テストに必要な要素を追加します。

ここには、目的のテストを実行するために必要なすべての要素 (ThreadGroup、Timers など) とそれに対応する設定が保存されます。

次のことwing 図はテスト計画の例を示しています

テスト計画

ワークベンチとは何ですか?

ワークベンチは単にテスト要素を保存する場所を提供するだけです 一時的に。 WorkBench はテスト計画とは関係がありません。 JMeter は、 保存しない ワークベンチの内容。 の内容のみが保存されます。 テスト計画 ブランチ

ワークベンチ

「WorkBench」はチュートリアルのHTTPプロキシサーバー記録テストで使用されます。

とりあえずは無視してください。

要素を追加するにはどうすればよいですか?

要素の追加は、 本質的な 要素を追加せずに JMeter を使用できるため、テスト計画を構築するステップ テスト計画を実行する

テスト計画には、リスナー、コントローラー、タイマーなどの多くの要素が含まれます

要素を右クリックしてテスト計画に追加できます。 テスト計画 「」から新しい要素を選択しますAdd」リスト。

テスト計画に 2 つの要素を追加するとします。 BeanShell アサーション > Javaリクエストのデフォルト

  • 右クリック テスト計画 -> Add -> アサーション-> Bean シェル アサーション
  • 右クリック テスト計画 -> Add -> 構成要素 -> Javaリクエストのデフォルト

要素を追加

また、ワイルドカード*を使用すると、任意の文字にマッチし、XNUMXつのコマンドで複数のファイルを削除することができます。 削除します 未使用の要素

たとえば、要素「」を削除したいとします。HTTP リクエストのデフォルト「HTTP リクエストのデフォルト」を選択 -> 右クリック -> を選択 削除します コンテキストメニューから -> をクリック はい メッセージ上のこの要素を削除することを確認するには box

要素のロードと保存

JMXファイルの作成方法

すでに要素名「BeanShell」を追加しているとします。 アサーション”。 次に、それを保存したいとします。

「BeanShell アサーション」を右クリックして選択します。 選択範囲を名前を付けて保存

JMXファイルの作成

ダイアログ box 表示されたらSをクリックします 要素をデフォルト名で保存するボタン BeanShell Assertion.jmx。 必要に応じて他の名前を選択できます

JMXファイルの作成

JMeter テスト要素とテスト計画は次の場所に保存されます。 *.JMX 形式でダウンロードすることができます。 JMX のために立っています Java 管理拡張機能。

JMXファイルの実行方法

既存の要素をロードすると、新しい要素の作成と構成に必要な時間を節約できます

テスト計画に既存の要素があるとします。 Javaリクエストのデフォルト

右クリックする Javaリクエストのデフォルト-> 選択 マージ

JMXファイルの実行

選択する 要素 (BeanShell Assertion.jmx。) ディレクトリ内のファイル。 この要素は現在のテスト計画に追加されます。

JMXファイルの実行

要素の構成方法

任意の要素を設定するには

  1. 左側のペインのツリーで要素を選択します
  2. 右ペインに構成設定を入力します

要素の構成

テスト計画を保存する方法

テストを実行する前に、まずテスト計画を保存する必要があります。 テスト計画を保存すると、テスト計画の実行時に予期しないエラーが発生するのを回避できます。 テスト計画を保存する手順 –

  1. ファイル -> テスト計画を名前を付けて保存 -> ダイアログ box ディスプレイ
  2. テスト計画のファイル名を入力してください ->クリック Save

テスト計画を保存する

注: テスト計画の保存は、 異なります 要素の保存から。

テスト計画の保存 要素の保存
テスト計画は XNUMX つまたは複数の要素で構成されます 要素は JMeter の基本コンポーネントです
テスト計画を保存すると、計画内のすべての要素が保存されます 要素を保存すると、要素は XNUMX つだけ保存されます。

コンボテスト計画を作成する

また、ご購読はいつでも停止することが可能です マージ XNUMX つまたは複数のテスト計画を作成して、 コンボ 以下の図に示すテスト計画

コンボテスト計画を作成する

既存のテスト計画名がすでにあると仮定します。 テスト_フラグメント.jmx コンピュータ上にあります (この記事にはこのファイルが含まれています)。 このテスト計画を JMeter 上の現在のテスト計画にマージして、新しいテスト計画を作成できます。

コンボテスト計画を作成する

これで、ファイル内のすべてのテスト要素が完成しました テスト_フラグメント.jmx 以下の図に示すように、現在のテスト計画に追加されます。

コンボテスト計画を作成する

テスト計画の実行方法

単一または複数のテスト計画を実行するには、次を選択します。 開始 (Control + R) から ラン メニュー項目。

テスト計画の実行

JMeter の実行中は、小さな緑色のアイコンが表示されます。 box メニューバーの右端にあります。

テスト計画の実行

緑の左側の数字 box の数です アクティブなスレッド / 総数 スレッドの。

テストを停止するには、 を押します。 Force Stop ボタンを押すか、ショート キー Ctrl + '.' を使用します。

テスト計画の実行

試験報告書

テストの実行が完了すると、テストレポートを取得できます。 テスト レポートには、jmeter.log に保存されるエラー ログ ファイルとテスト結果の概要が含まれます。 JMeter のサンプル ログ ファイルは次のとおりです。

  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: 著作権 (c) 1998-2013 Apache ソフトウェア Foundation
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: バージョン 2.9 r1437961
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: java.version=1.7.0_25
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: java.vm.name=Java HotSpot(TM) クライアント VM
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: os.name=Windows 7
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: os.arch=x86
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: os.version=6.1
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: file.encoding=Cp1252
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: デフォルトのロケール=英語 (米国)
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: JMeter Locale=English (米国)
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: JMeterHome=C:\Nguyen\Source_code\apache-jmeter-2.9
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: user.dir =c:\Nguyen\Source_code\apache-jmeter-2.9\bin
  • 2013/08/18 08:41:12 情報 – jmeter.JMeter: PWD =C:\Nguyen\Source_code\apache-jmeter-2.9\bin