SAP HANA フラット ファイルのアップロード チュートリアル: CSV、XLS、および XLSX

SAP HANA は、ETL ツール (SLT、BODS、および DXC) を使用しないファイルからのデータのアップロードをサポートしています。 これは、HANA Studio リビジョン 28 (SPS04) の新機能です。

SAP HANA サポートは次のとおりですwing 以下のようなクライアント システムで利用できるファイルのタイプ –

  • .CSV (カンマ区切り値ファイル)
  • 。XLS
  • .XLSX

このオプションを使用する前に、ユーザーは制御ファイル (.CTL ファイル) を作成する必要があります。 SAP HANA にデータをアップロードするには、SAP HANA にテーブルが存在する必要があります。 テーブルが存在する場合、レコードはテーブルの最後に追加されます。テーブルが存在しない場合は、テーブルを作成する必要があります。

このアプリケーションは、新しいテーブルの列名とデータ型を提案します。

フラット ファイルから SAP HANA にデータをアップロードする方法

フラット ファイルから SAP HANA にデータをアップロードする手順は次のとおりです。

  • SAP HANA でテーブルを作成する
  • ローカル システムにデータを含むファイルを作成する
  • ファイルを選択
  • マッピングを管理する
  • データをロードする

SAP HANA でテーブルを作成する

SAP HANA にテーブルが存在しない場合は、次のようにしてテーブルを作成できます。 SQL スクリプトまたはこのプロセスを選択して "新着" オプションを選択します。

新しいテーブルを作成するには「NEW」オプションを使用します。

ローカル システムにデータを含むファイルを作成する

営業組織のマスターデータをアップロードしていきます。 したがって、ローカル システム上に .csv ファイルと .xls ファイルを作成します。

SalesOrg.xlsx ファイルを SAP HANA にアップロードするので、ローカル システムにファイル SalesOrg.xlsx を作成しました。

営業組織 お名前 通貨 ココード 住所 Ref_Sorg
1000 ABC社株式会社 USD 1000 NEW YORK USA 1000
2000 ABCエンタープライズ INR 2000 インド インド 2000

ファイルを選択

ステップ1) オープンモデラーの視点? 'メインメニュー' ? 'ヘルプ' ? 以下に示すように「クイックビュー」。

SAP HANA でのテーブルの作成

以下のようなクイックビュー画面が表示されます。

SAP HANA でのテーブルの作成

クイックビューから「インポート」オプションを選択します。 インポートオプションのポップアップが表示されます。

SAP HANA でのテーブルの作成

インポート画面のポップアップが表示されます。 SAP HANA コンテンツに移動しますか? 「ローカルファイルからのデータ」。

SAP HANA でのテーブルの作成

次へをクリックします。

ファイル選択のポップアップが表示されますので、以下の手順に従ってファイルを選択してください。

  1. SalesOrg.xls ファイルを選択します。
  2. 「開く」ボタンをクリックします。

SAP HANA でのテーブルの作成

インポートするファイルを選択する画面が表示され、ローカル システムから SAP HANA データベースにデータをロードするファイルを選択できます。

利用可能なオプションは、次の XNUMX つの主要な領域に分類できます。

  • ソースファイルセクション
  • ファイル・デtails セクション
  • ターゲットテーブル

ステップ2) このステップでは次のように入力する必要がありますwing 詳細 -

  1. ファイルを選ぶ – 選択したファイルパスがここに表示されます。
  2. ヘッダー行の出口 – SalesOrg.xls ファイルにヘッダー (列名) がある場合。 それで、チェックを入れました。
  3. すべてのデータをインポート – ファイルからすべてのデータをインポートする場合は、このオプションにチェックを入れます。wise ファイルから特定のデータをロードする場合は、開始行と終了行を参照してください。
  4. 先頭と末尾の空白を無視する ファイル内の先頭と末尾の空白を無視するには、このオプションにチェックを入れます。
  5. ターゲットテーブル – このセクションでは XNUMX つのオプション –NEW – テーブルが SAP HANA に存在しない場合は、このオプションを選択し、作成する既存のスキーマ名とテーブル名を指定します。
  6. 終了 – テーブルが存在する場合 SAP HANAをクリックしてから、このオプションを選択します。 スキーマ名とテーブルを選択します。 データはテーブルの末尾に追加されます。
  7. 「次へ」ボタンをクリックします

SAP HANA でのテーブルの作成

マッピングを管理する

マッピング画面は、ソース列とターゲット列の間のマッピングを実行するために使用されます。

使用可能なマッピングには XNUMX つの異なるタイプがあります。 をクリックすると SAP HANA でのテーブルの作成 以下の XNUMX つのオプションがあります –

  • マンツーマン: このオプションを使用すると、シーケンスに基づいて列を列にマッピングできます。 このオプションは、すべての列が連続していることがわかっている場合に使用できます。
  • 名前による地図: このオプションを使用すると、名前に基づいてソース列とターゲット列をマップできます。 これは、列名が同じであることがわかっている場合に使用できます。

ソースからターゲットへのマッピング – ここでソース ファイル列をターゲット テーブルにマッピングします。また、ターゲット テーブルの定義を変更することもできます。

  1. ソースファイルから提案されたテーブル構造 - テーブルの列名はExcelファイルの列名(ヘッダー)から推測されます。
  2. ターゲットテーブルの構造: ターゲット テーブル ストア タイプは、デフォルトで列ストアとして選択されます。
  3. ファイル名をクリックしてターゲットフィールドにドラッグすると、ファイルがマッピングされます。 フィールドは、XNUMX 対 XNUMX または名前によるマップ オプションによって自動的にマップできます。 上記のオプションで列名をマッピングできなかった場合は、ドラッグ アンド ドロップ オプションを使用して手動でマッピングを行うことができます。 マッピングを管理する
  4. 同じ画面のファイル データ セクションでは、ソース ファイル内のすべての列のデータがどのように表示されるかを確認できます。ファイル データ セクションには、SalesOrg ファイルのデータが表示されます。
  5. 「次へ」ファイルをクリックします。

マッピングを管理する

ローカルファイルからデータをインポートするためのウィンドウが表示されます。

データをロードする

これは読み込みプロセスを開始する前の最後の画面です。 この画面では、テーブルにすでに存在するデータが表示され、データをロードするスキーマとテーブルに関する情報も表示されます。

  1. 詳細セクション: このセクションでは、選択したソース ファイル名、ターゲット テーブル名、およびターゲット スキーマ名の詳細が表示されます。
  2. ファイルからのデータ: ファイルから抽出されたデータが表示されます。
  3. 「ファイルからのデータ」セクションに表示されたデータが確認された場合は、「完了」をクリックしてテーブルへのデータのロードを開始します。

データをロードする

  • インポート オプションが正常に完了すると、ジョブ ログ ビューにステータスが「正常に完了しました」というエントリが表示されます。

データをロードする

  • データのインポート ジョブが成功すると、
    1. それぞれのスキーマのテーブルを選択し、「テーブル?」を右クリックすると、テーブル内のデータを確認できます。 以下に示す「データプレビュー」。
    2. 以下のようにテーブルのデータがデータプレビュー画面に表示されます。

    データをロードする