Selenium Firefox プロフィール: セットアップガイド

Selenium Firefox プロフィール

Firefox プロファイルは、設定、カスタマイズ、アドオン、およびその他のパーソナライゼーション設定をまとめたもので、 Firefox ブラウザ。 カスタマイズできます Firefox Selenium 自動化要件に合わせてプロファイルを作成します。

だから、 Firefox または他のブラウザが SSL 証明書設定を処理します。 したがって、テスト実行コードとともにそれらを自動化することは非常に意味があります。

簡単に言えば、プロファイルはユーザーの個人設定です。 信頼性の高い自動化を実行したい場合 Firefox ブラウザでは別途プロファイルを作成することをお勧めします。

ディスク内のプロファイル フォルダーの場所

Firefox プロファイルは、さまざまなユーザーが使用しているのと同じです Firefox. Firefox ブックマーク、パスワード、ユーザー設定などの個人情報を保存し、プログラム マネージャーを使用して編集、削除、または作成できます。

ディスク内のプロファイル フォルダーの場所

プロフィールの場所は以下の通りです

  • Windows 7 の場合 > /AppData/MozillaFirefoxプロファイル名.デフォルト
  • Linux > /.mozilla/firefox/プロファイル名.デフォルト/
  • Mac OS X の場合 > ~/Library/ApplicationSupport/Firefox/プロファイル/プロファイル名.default/

Selenium テストを正常に実行するには、 Firefox プロフィールは次のようにする必要があります –

  • 読み込みが簡単
  • 必要に応じてプロキシ設定
  • 自動化のニーズに基づくその他のユーザー固有の設定

設定方法 Firefox Selenium テストのプロファイル

作成方法を段階的に見てみましょう Firefox プロフィール。

ステップ1) それを閉めて Firefox ブラウザ

最初のステップでは、まず、 Firefox 開いている場合。

ステップ2) 「ファイル名を指定して実行」(Windows キー + R) を開き、次のように入力します。 firefox.exe –p

作成セッションプロセスで Firefox Selenium テストのプロファイル

注: 開かない場合は、引用符で囲んだフルパスを使用してみてください。

  • 32 ビット - Windows: 「C:Program FilesMozilla」 Firefox.exe” -p
  • 64 ビットの場合: Windows: 「C:Program Files(x86)Mozilla」 Firefox.exe” -p

ステップ3) ユーザープロファイルを選択してください

作成セッションプロセスで Firefox Selenium テストのプロファイル

さあ、対話 box という名前で開きます Firefox

ステップ4) プロファイルを作成します。

作成セッションプロセスで Firefox Selenium テストのプロファイル

ここで、ウィンドウから [プロファイルの作成] オプションを選択すると、ウィザードが開きます。 「次へ」をクリックします。

ステップ5) プロフィール名を付けます

作成セッションプロセスで Firefox Selenium テストのプロファイル

これでプロファイルの準備ができました。プロファイルを選択して開くことができます Firefox.

新しいことに気づくでしょう Firefox ウィンドウにはブックマークやお気に入りのアイコンは表示されません。

注: 最後に選択したプロファイルは、次回自動的にロードされます Firefox 打ち上げ。 プロファイルを変更する場合は、プロファイル マネージャーを再起動する必要があります。

Selenium の自動化スクリプト

新しく作成したものにアクセスするには Firefox Selenium Webdriver ソフトウェア テストでプロファイルを作成するには、以下に示すように、Webdrivers の組み込みクラス 'profilesIni' とそのメソッド getProfile を使用する必要があります。

プロファイルの Selenium コード

これはプロファイルを実装するためのコードであり、Selenium コードに埋め込むことができます。

ProfilesIni profile = new ProfilesIni();

// これにより、 Firefox プロフィール

FirefoxProfile myprofile = profile.getProfile("xyzProfile");

// これにより、 Firefox ドライバー

WebDriver driver = new FirefoxDriver(myprofile)

このコードの実装を以下で見てみましょうwing 例。

Firefox プロファイルの例 1

Firefox プロファイルの例

// import the package
import java.io.File;
      import java.util.concurrent.TimeUnit;
      import org.openqa.selenium.WebDriver;
      import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver;
import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxProfile;
import org.openqa.selenium.firefox.internal.ProfilesIni;
public class FirefoxProfile {
 	public static void main(String[] args) {
	ProfilesIni profile = new ProfilesIni();
	FirefoxProfile myprofile = profile.getProfile("xyzProfile");
// Initialize Firefox driver
	WebDriver driver = new FirefoxDriver(myprofile);
//Maximize browser window
	driver.manage().window().maximize();
//Go to URL which you want to navigate
	driver.get("http://www.google.com");
//Set  timeout  for 5 seconds so that the page may load properly within that time
	driver.manage().timeouts().implicitlyWait(5, TimeUnit.SECONDS);
//close firefox browser
	driver.close();
}

}

コードの説明:

以下、コードを一行ずつ解説していきます。

  • コード行 2 ~ 7: まず最初に、Selenium コードを実行するために必要なパッケージをインポートする必要があります。
  • コード行 8: 公開クラスを作成します。Firefoxプロフィール。"
  • コード行 9: オブジェクトを作成します (おっと概念についての基本的な知識が必要です)。
  • コード行 10 ~ 11: 初期化する必要があります Firefox myprofile のオブジェクトを持つプロファイル。
  • コード行 13: オブジェクトを作成します Firefox
  • コード行 15:ウィンドウを最大化します。
  • コード行 17:Driver.get は、指定された URL に移動するために使用します。
  • コード行 19: タイムアウトの設定は、ブラウザが次のページに進む前にページを読み込めるように、しばらく待機するために使用されます。
  • コード行 21:近い Firefox.

もう XNUMX つの例を見てみましょう。

Firefox プロファイルの例 2

Firefox プロファイルの例

import java.io.File;
import java.util.concurrent.TimeUnit;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxDriver;
import org.openqa.selenium.firefox.FirefoxProfile;
import org.openqa.selenium.firefox.internal.ProfilesIni;

public class FirefoxProfile2{
public static void main(String[] args) {

// Create object for FirefoxProfile
	FirefoxProfilemyprofile=newFirefoxProfile (newFile("\c:users\AppData\MozillaFirefoxProfile_name.default "));  
// Initialize Firefox driver    
	WebDriver driver = new FirefoxDriver(myprofile);
//Maximize browser window       
	driver.manage().window().maximize();
//Go to URL      
	driver.get("http://www.google.com");
//Set  timeout      
	driver.manage().timeouts().implicitlyWait(5, TimeUnit.SECONDS);
//close firefox browser  
	driver.close();
    }

コードの説明:

以下、コードを一行ずつ解説していきます。

  • コード行 1 ~ 6: まず最初に、Selenium コードを実行するために必要なパッケージをインポートする必要があります。
  • コード行 8: 公開クラスを作成する Firefoxプロフィール2.
  • コード行 12: 正確なパスを参照して myprofile のオブジェクトを作成します。
  • コード行 14: オブジェクトを作成します firefox
  • コード行 16:ウィンドウを最大化します。
  • コード行 18: Driver.get は、指定された URL に移動するために使用します。
  • コード行 20: タイムアウトの設定は、ブラウザが次のページに進む前にページを読み込めるように、しばらく待機するために使用されます。
  • コード行 22: 近い Firefox.

まとめ

  • 自動化 Firefox プロファイルは、SSL 証明書の設定を処理するため、非常に意味があります。
  • Firefox プロファイルは、Selenium 自動化要件に合わせてカスタマイズできます。
  • Firefox プロファイルは、読み込みが容易で、適切なテストを実行するためにユーザー固有のプロキシ設定が含まれるようなものである必要があります。
  • 新しく作成したものにアクセスするには Firefox Selenium Webdriver ソフトウェア テストでプロファイルを作成するには、Webdrivers の組み込みクラス 'profilesIni' とそのメソッド getProfile を使用する必要があります。