でデータベースとコレクションを作成する方法 MongoDB

In MongoDB、最初の基本的なステップは、データベースとコレクションを適切な場所に用意することです。データベースはすべてのコレクションを保存するために使用され、そのコレクションはすべてのドキュメントを保存するために使用されます。ドキュメントには、関連するフィールド名とフィールド値が含まれます。

以下のスナップショットは、ドキュメントがどのように見えるかの基本的な例を示しています。

データベースとコレクションを作成する MongoDB

ドキュメントのフィールド名は「Employeeid」と「EmployeeName」、フィールド値はそれぞれ「1」と「Smith」です。一連のドキュメントがコレクションを構成します。 MongoDB.

useコマンドでデータベースを作成する

でのデータベースの作成 MongoDB 「」を発行するのと同じくらい簡単です " 指示。 次のことwing この例は、これを行う方法を示しています。

useコマンドを使用したデータベースの作成

コードの説明:

  • 最大XNUMXWの出力を提供する "使用" コマンドはデータベースを作成するために使用されます MongoDB。 データベースが存在しない場合は、新しいデータベースが作成されます。

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます:

出力:

useコマンドを使用したデータベースの作成

MongoDB データベースが作成されると、自動的にデータベースに切り替わります。

insert() を使用してコレクション/テーブルを作成する

コレクションを作成する最も簡単な方法は、レコード (フィールド名と値で構成されるドキュメントにすぎません) をコレクションに挿入することです。 コレクションが存在しない場合は、新しいコレクションが作成されます。

次のことwing この例は、これを行う方法を示しています。

db.Employee.insert
(
	{
		"Employeeid" : 1,
		"EmployeeName" : "Martin"
	}
)

コードの説明:

  • 上で見たように、 "入れる" コマンドを実行すると、コレクションが作成されます。

insert() コマンドを使用してドキュメントを追加する

MongoDB 提供する 挿入()コマンド ドキュメントをコレクションに挿入します。 次のことwing この例は、これを行う方法を示しています。

ステップ1) 「挿入」コマンドを書く

ステップ2) 「挿入」コマンド内で、作成する必要があるドキュメントに必要なフィールド名とフィールド値を追加します。

insert() コマンドを使用してドキュメントを追加する

コードの説明:

  1. コマンドの最初の部分は「ステートメントを挿入します」 これは、ドキュメントをコレクションに挿入するために使用されるステートメントです。
  2. ステートメントの XNUMX 番目の部分では、フィールド名とフィールド値、つまりコレクション内のドキュメントに何が含まれるかを追加します。

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます

出力:

insert() コマンドを使用してドキュメントを追加する

出力には、実行された操作が挿入操作であり、XNUMX つのレコードがコレクションに挿入されたことが示されています。