SAP PP キャパシティ プランニング: CM01、CM21

キャパシティ プランニングの主な機能は、ワーク センターでの負荷を確認し、キャパシティの平準化、つまりワーク センターでの負荷のバランスをとることです。 これは、ワークセンターの利用可能な能力に対する製品の要件に基づいて生産能力を計算するのに役立ちます。

  • MRP は、ワーク センターが常に利用可能であることを前提としているため、無限の能力で動作し、同時にワーク センターで計画オーダーを作成します。 したがって、能力不足にもかかわらず、要件に基づいて同じ日に計画オーダーが作成されます。 これらの注文はシステム内のワークセンターで実行できますが、製造現場では実際には実行できません。
  • キャパシティ平準化の主な目的には、ワーク センターの過負荷を平準化し、ワーク センターの最適な利用を達成することが含まれます。
  • MRP で生成された計画オーダーは、どのワーク センターが使用されるかを決定する製造オーダーに変換され、それに応じてそのワーク センターで能力要件が生成されます。
  • 製造オーダーレベルでの生産能力の平準化は、詳細な生産計画の目的で使用されます。 これは、将来の長期にわたる容量要件の詳細な計画を実行するために使用される計画テーブルを通じて行われます。
  • ワークセンターで容量負荷をチェックする必要があり、過負荷の場合は、次のことを行う必要があります。 shift 先行するオーダーを同じワークセンターに送信するか、別のワークセンターで計画して、キャパシティーの制約を排除します。

このチュートリアルでは、次のことを学びます。

容量負荷の確認方法

容量評価は、負荷を分析するために使用されます。 ワークセンターをクリックすると、負荷 % (ステップ 2)、利用可能な容量、要件が表示されます。 生産能力要件を生成したオーダーも確認できます。

ステップ1) SAP easy access 画面から、トランザクション CM01 を開きます。

  1. 能力負荷を確認したい製造工場を入力します。

SAP PP での容量負荷の確認

すべてのフィールドに入力したら、 SAP PP での容量負荷の確認 次の画面に移動します。

ステップ2) この画面では、ワークセンターのキャパシティ状況が確認できます。

  1. ワークセンターでの能力要件 (製造オーダーから生成)、利用可能な能力 (ワークセンターのマスターデータから決定)、および能力負荷 % を確認します。

SAP PP での容量負荷の確認

容量の平準化を行う方法

生産能力の平準化は計画テーブルを通じて行われ、製造現場で処理される順序で注文をワークセンターに発送する必要があります。

ステップ1) SAP の簡単なアクセス 画面で、トランザクション CM21 を開きます

  1. 能力を平準化するプラントを入力します

容量の平準化を行う方法

すべてのフィールドに入力したら、上部の実行ボタンをクリックして次の画面に進みます。

ステップ2) この画面では、計画テーブルの下部にオーダー プール、画面の上半分にワーク センター プールが表示されます。

  1. 注文プール内の複数の注文を確認します。
  1. ワーク センター プール内のワーク センターのリストを確認します。

容量の平準化を行う方法

ステップ3) 計画テーブルの同じ画面で、以下のようにデータを選択します。

  1. 注文プールから XNUMX つの注文を選択します。
  1. ディスパッチボタンをクリックして、そのオーダーをワークセンターに割り当てます。

容量の平準化を行う方法

ステップ4) 同じ画面内で、

  1. ワークセンタープールで発送されたオーダーを確認します。同様に、他のオーダーをワークセンター プールにディスパッチすることもできます。 shift 以前に発送された注文に隣接します。

容量の平準化を行う方法

これは、容量の平準化を行う方法です。

トラブルシューティング

  • 「容量要件」インジケーターが付いている右のコントロール キーが、 operaルーティングのデータ。
  • ワークセンターのキャパシティタブで、「有限スケジュール」インジケータにフラグが付いていることを確認します。