C# ArrayList チュートリアルと例

C# の ArrayList とは?

ArrayList コレクションは、C# の Array データ型に似ています。 最大の違いは、配列リスト コレクションの動的な性質です。

配列の場合は、配列の宣言時に配列が保持できる要素の数を定義する必要があります。 ただし、Array List コレクションの場合、これを事前に行う必要はありません。 要素は、いつでも Array List コレクションに追加または削除できます。 配列リスト コレクションで使用できる操作をさらに詳しく見てみましょう。

配列リストの宣言

ArrayList の宣言を以下に示します。 配列リストは ArrayList データ型を使用して作成されます。 「new」キーワードは、ArrayList のオブジェクトを作成するために使用されます。 次に、オブジェクトは変数 a1 に割り当てられます。 したがって、変数 a1 は配列リストのさまざまな要素にアクセスするために使用されます。

ArrayList a1 = new ArrayList()

配列への要素の追加

add メソッドは、ArrayList に要素を追加するために使用されます。 add メソッドを使用すると、あらゆる種類のデータ型要素を配列リストに追加できます。 したがって、整数、文字列、さらにはブール値を配列リストに追加できます。 加算メソッドの一般的な構文を以下に示します。

ArrayList.add(element)

以下に、「add」メソッドの使用例をいくつか示します。 add メソッドを使用して、さまざまなデータ型を Array List コレクションに追加できます。

以下に、整数の文字列やブール値を配列リスト コレクションに追加する方法の例を示します。

  • a1.add(1) – これはコレクションに整数値を追加します
  • a1.add(“Example”) – これは文字列値をコレクションに追加します
  • a1.add(true) – ブール値をコレクションに追加します。

次に、これがコードレベルで動作することを見てみましょう。 以下のコードはすべて、コンソール アプリケーションに書き込まれます。 コードは Program.cs ファイルに書き込まれます。

以下のプログラムでは、新しい配列リストを作成するコードを記述します。 要素を追加する方法と、配列リストの要素を表示する方法も示します。

C# の ArrayList

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace DemoApplication
{
 class Program
 {
  static void Main(string[] args)
  {
   ArrayList a1 = new ArrayList();
   a1.Add(1);
   a1.Add("Example");
   a1.Add(true);
   
   Console.WriteLine(a1[0]);	  
   Console.WriteLine(a1[1]);
   Console.WriteLine(a1[2]);
   Console.ReadKey();
  }
 }
}

コードの説明:-

  1. 最初のステップは、配列リストを宣言するために使用されます。 ここでは、配列リストの要素を保持する変数として a1 を宣言しています。
  2. 次に、 add キーワードを使用して、数値 1 、文字列「Example」、およびブール値 'true' を配列リストに追加します。
  3. 次に、Console.WriteLine メソッドを使用して、各配列リスト要素の値をコンソールに表示します。 配列と同様に、インデックス位置を介して要素にアクセスできることがわかります。 したがって、配列リストの最初の位置にアクセスするには、[0] インデックス位置を使用します。 などなど。

上記のコードが正しく入力され、プログラムが実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます。

出力:

C# の ArrayList

出力から、配列リストのすべての要素がコンソールに送信されていることがわかります。

ArrayList の一部として利用できるメソッドをさらにいくつか見てみましょう。

ワンランク上の

このメソッドは、ArrayList コレクション内の項目の数を取得するために使用されます。 以下は、このステートメントの一般的な構文です。

ArrayList.Count() – このメソッドは、配列リストに含まれる要素の数を返します。

含まれています

このメソッドは、要素が ArrayList コレクションに存在するかどうかを確認するために使用されます。 以下はこのステートメントの一般的な構文です

ArrayList.Contains(element) – このメソッドは、要素がリストに存在する場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。

削除場所

このメソッドは、ArrayList コレクション内の特定の位置にある要素を削除するために使用されます。 以下はこのステートメントの一般的な構文です

ArrayList.RemoveAt(index) – このメソッドは、配列リストの特定の位置から要素を削除します。

次に、これがコードレベルで動作することを見てみましょう。 以下のコードはすべて、コンソール アプリケーションに書き込まれます。 コードは Program.cs ファイルに書き込まれます。

以下のプログラムでは、上記のメソッドをどのように使用できるかを確認するコードを記述します。

C# の ArrayList

using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace DemoApplication
{
 class Program
 {
  static void Main(string[] args)
  {
   ArrayList a1 = new ArrayList();
   a1.Add(1);
   a1.Add("Example");
   a1.Add(true);
   
   Console.WriteLine(a1.Count);
   Console.WriteLine(a1.Contains(2));
   Console.WriteLine(a1[1]);
   a1.RemoveAt(1);
   Console.WriteLine(a1[1]);
   Console.ReadKey();
  }
 }
}

コードの説明:-

  1. したがって、最初に表示されるプロパティは Count プロパティです。 配列リスト a1 の Count プロパティを取得し、それをコンソールに書き込みます。
  2. 1 番目の部分では、Contains メソッドを使用して、ArrayList a2 に要素 XNUMX が含まれているかどうかを確認します。次に、Writeline コマンドを使用して結果をコンソールに書き込みます。
  3. 最後に、要素の削除メソッドを紹介するために、以下の手順を実行します。
    1. まず、配列リストのインデックス位置 1 の要素の値をコンソールに書き込みます。
    2. 次に、配列リストのインデックス位置 1 の要素を削除します。
    3. 最後に、配列リストのインデックス位置 1 の要素の値をコンソールに再度書き込みます。 この一連の手順により、remove メソッドが正常に動作するかどうかがわかります。

上記のコードが正しく入力され、プログラムが実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます。

出力:

C# の ArrayList

最後の値が true になるのはなぜですか?

イベントのシーケンスを見ると、要素 Example は位置 1 にあるため、配列から削除されます。配列の位置 1 は、以前の位置 2 にあった値「true」に置き換えられます。

まとめ

Array List コレクションは、要素のグループを格納するために使用されます。 配列リスト コレクションの利点は、動的であることです。 要素をその場で配列リスト コレクションに追加および削除できます。