SAP IDOC チュートリアル: 定義、構造、タイプ、形式、テーブル

IDOCとは何ですか?

IDOCは 単なるデータコンテナ データの構文とセマンティクスを理解できる XNUMX つのプロセス間で情報を交換するために使用されます。

言い換えれば、IDOC は、データの解釈方法を知っている 2 つのシステム間で交換される、指定された形式のデータ ファイルのようなものです。

IDOC は「」の略です。 中間文書」

を実行すると、 外国行きの ALE または EDI プロセスでは、IDOC が作成されます。

SAPシステム, I DOC はデータベースに保存されます。 すべての IDOC には 一意の番号(クライアント内)。

主な機能

  • IDOC は 送信システムと受信システムから独立しています。(SAP 間および非 SAP)
  • IDOC は以下に基づいています EDI 標準、ANSI ASC X12 および EDIFACT。 データサイズが矛盾する場合は、長い方を採用します。
  • IDOC は データ交換の方向に依存しない 例: ORDERS01: 購買モジュール: インバウンドおよびアウトバウンド
  • IDOC は次の方法で表示できます。 テキストエディタ。 データはバイナリ形式ではなく文字形式で保存されます。

IDOC の構造

IDOC の構造

I doc の構造は 3 つの部分で構成されます。

  1. 管理部分(制御記録)- これには、idoc のタイプ、メッセージ タイプ、現在のステータス、送信者、受信者などが含まれます。これは、制御レコードと呼ばれます。
  2. アプリケーションデータ (データレコード) – データが含まれています。 これらはデータレコードと呼ばれます/セグメント.
  3. ステータス情報 (ステータスレコード)- これらは、idoc が通過したさまざまな段階に関する情報を提供します。

トランザクションを使用して I-DOC を表示できます WE02 or WE05

IDOC の構造

上のスクリーンショットに見られるように、IDOC レコードにはコントロール、データ、ステータスの XNUMX つの部分があります。 それらを詳しく見てみましょう – 制御記録

  • すべての制御レコード データは EDIDC テーブルに保存されます。 このテーブルのキーは IDOC 番号です。
  • IDOC 番号、方向 (受信/送信)、送信者、受信者情報、使用しているチャネル、使用しているポートなどの情報が含まれています。
  • 方向「1」はアウトバウンドを示し、「2」はインバウンドを示します。

データレコード

  • データ レコードには、従業員のヘッダー情報、週次データなどのアプリケーション データが含まれています。tails、クライアントでtails 等
  • すべてのデータ レコード データは EDID2 ~ EDID4 テーブルに保存され、EDIDD はそのコンポーネントを確認できる構造です。
  • これには、idoc 番号、idoc 内のセグメントの名前と番号、階層、データなどのデータが含まれます。
  • 実際のデータは、SDATA という 1000 文字長のフィールドに文字列として保存されます。

ステータスレコード

  • ステータス レコードは、マイルストーンごと、またはエラーが発生したときに I-DOC に添付されます。
  • すべてのステータス レコード データは EDIDS テーブルに保存されます。
  • ステータス 1 ~ 42 はアウトバウンド用で、ステータス 50 ~ 75 はインバウンド用です。

IDOC タイプ

I DOC タイプ (基本) は、交換されるビジネス文書の構造と形式を定義します。 IDOC は IDOC タイプのインスタンスです の変数と変数の型の概念と同じです。 プログラミング言語。 次を使用して IDOC タイプを定義できます。 WE30

セグメントとは

セグメントは、セグメントの形式と構造を定義します。 データレコード I-DOCで。 セグメントは再利用可能なコンポーネントです。

SAP が作成するセグメントごとに

  • セグメントタイプ (バージョンに依存しません)
  • セグメント定義 (バージョンに依存)
  • セグメントのドキュメント

最後の 3 文字はセグメントのバージョンです

定義はバージョンごとに変更され続けますが、セグメント タイプは同じままです。

トランザクション:WE31

IDOC のセグメント

拡張IDOCタイプとは何ですか?

IDOC には 2 つのタイプがあります:-

  1. Basic
  2. 拡張

拡張IDOCタイプ

SAP は、事前定義された基本 IDOC タイプを多数提供しています。 変更できません。 これらの制限された基本タイプにさらにデータを追加したい場合は、拡張タイプを使用できます。 ほとんどの場合、そうするでしょう NOT 拡張子を使用します。

拡張IDOCタイプ

ドキュメンテーション

各 IDOC はトランザクションで徹底的に文書化されます WE60

ドキュメンテーション

メッセージタイプ

メッセージは、XNUMX つのパートナー間で送信される特定の種類のドキュメントを表します。 注文、注文応答、請求書など

idoc タイプは多くのメッセージ タイプに関連付けることができます

また、メッセージ タイプをさまざまな idoc タイプに関連付けることもできます。 取引 WE81

メッセージタイプ

IDOC ビュー

IDOC タイプは複数のメッセージ タイプに使用でき、その結果、特定のメッセージ タイプに必要なフィールドよりも多くのフィールドが IDOC に含まれることになります。
IDOC ビューは、IDOC を生成する際のパフォーマンスを向上させ、関連するセグメントのみにデータが入力されるようにするために使用されます。 IDOC ビューはアウトバウンド処理の場合にのみ重要です。

IDOC ビュー

パートナーのプロフィール

パートナーとは、取引を行ったり文書を交換したりするビジネスパートナーとして定義されます。

Idoc を交換するパートナーのパートナー プロファイルでは、データ交換に必要なパラメータを維持します。 使用されるトランザクションは、 WE20.

IDOC のパートナー プロファイル

ポート

ポートは、SAP システムとデータ転送先の他のシステム (サブシステム) との間の接続の技術的特性を定義します。 ポートは、2 つのシステム間でデータが交換される媒体を定義します。

ポートにはさまざまな種類があります。 最も一般的に使用されるのは次の 2 つです。 TRFCポート ALEで使用され、 File EDI が使用するポート。

TRFC ポートの場合は、次を使用して作成された論理宛先の名前を指定する必要があります。 SM59.

ファイル ポートを使用する場合、IDOC ファイルを配置するディレクトリを指定できます。 他のシステムまたはミドルウェアがここからファイルを取得します。 Function モジュールを使用して、idoc のファイル名を生成できます。 その間 テスト 「送信ファイル」を使用して、定数のファイル名を指定できます。 タブ「アウトバウンドトリガー」は、この場所で idoc が作成されたときにサブシステム上で何らかの処理をトリガーしたい場合に情報を提供するために使用できます。 コマンドファイル名と実行するディレクトリを指定する必要があります。

IDOC のポート

これはとても混乱します!

例を使用して IDOC を作成するプロセスを理解しましょう –

  • 発注書 (PO) が作成されるたびに、IDOC をベンダーに送信する必要があります。
  • PO は IDOC の形式でベンダー (パートナー) に送信されます。 そのパートナーは、そのシステムで EDI が有効になっている必要があります。 SAP は、このベンダーにドキュメントを電子的に送信できることを認識する必要があります。
  • 顧客によってアウトバウンド IDOC として送信された PO は、ベンダーにとってはインバウンド IDOC になります。 ベンダー側の SAP システムはこれを処理して、システム上にアプリケーション文書 (受注書) を作成できます。
  • 見積書、RFQ、PO、SO、請求書、納品書などは、IDOC を通じて一般的に交換される文書の一部です

SAP システムからデータを転送するプロセスは、 アウトバウンドプロセス、SAP システムに移動するデータは と呼ばれます。 インバウンドプロセス。 組織の論文プロセスの設定に関与する開発者またはコンサルタントとして。 それらを設定する手順は次のとおりです。

アウトバウンドプロセス

関係する手順 –

  1. セグメントの作成(WE31)
  2. idocタイプの作成(WE30)
  3. メッセージタイプの作成(WE81)
  4. メッセージタイプをidocタイプに関連付ける(WE82)
  5. ポートの作成(WE21)
  6. メッセージ制御メソッドを使用して idoc をトリガーする場合は、idoc を作成するための汎用モジュールを作成し、その汎用モジュールをアウトバウンドプロセスコードに関連付けます。
  7. その他wise、idoc を作成する汎用モジュールまたはスタンドアロン プログラムを作成します。
  8. idoc を交換するパートナーの送信パラメーターに必要な情報を含むパートナー プロファイル (WE20) を作成します。idoc をトリガーします。

インバウンドプロセス

関与する手順 -

  1. 基本的な Idoc タイプの作成 (トランザクション WE30)
  2. メッセージタイプの作成 (トランザクション WE81)
  3. メッセージ タイプを基本 Idoc タイプに関連付ける (トランザクション WE82)
  4. idocを処理するための汎用モジュールを作成します。
  5. 汎用モジュール特性の定義 (BD51)
  6. インバウンド汎用モジュールをメッセージタイプ(WE57)に割り当てます。
  7. プロセスコードの定義 (トランザクション WE42)
  8. パートナープロファイルの作成 (トランザクション WE20)