学校の課題から IT チュートリアルまで、AI とライティングへの影響のすべて

AI とライティングへの影響のすべて

人工知能 (AI) は、膨大な量のデータと学習能力と推論能力を与えるプログラミングを組み合わせることで、人間の知能を模倣することを目指しています。 人間の知能と同様に、AI システムもプロンプトを通じて人間と対話し、より多くの経験とデータを収集することでより賢くなります。 人工知能は急速に発展しており、ほぼすべての業界や市場に影響を与えています。 良くも悪くも、AI と AI ツールは存在し続けており、専門的に前進するには、このテクノロジーと、よりスマートかつ効率的に仕事をするためにそれを使用する方法を理解することが重要です。 AI がもたらすリスクについても認識する必要があります。

最近の AI の最も一般的で人気のあるアプリケーションの 1 つは、生成 AI を執筆アシスタントとして使用することです。ライティングは、ほぼすべての仕事の一部であるコア スキルであり、ChatGPT などの AI ツールを使用して、人のライティング能力をサポートおよび補完できます。生産性が向上し、創造性が拡張されることで、人々の執筆方法が変わりました。 AI は人々が文法を改善するのを助けることができ、人間が作成したコンテンツを校正することもできます。多くの作家は、文章を整理し、他の人が書くであろう視点を得るために、出発点として AI ツールを使い始めています。wise 人間の経験には限界があるため、アクセスすることはできません。 AI はリサーチアシスタントとしても使用でき、大量の情報を分類して要約することでライターを支援します。コンテンツをさまざまな言語に翻訳することもできます。このテクノロジーは、障害のある人々を支援するテキスト読み上げソフトウェアも支えています。

ただし、執筆に AI を使用する場合、潜在的な落とし穴がないわけではありません。 AI によって作成されたコンテンツには、人間によって厳選されたコンテンツが達成できる信頼性や深みが欠けている可能性があります。 信頼性と同じくらい重要なのは、状況の両面を見て偏見のない内容を提示する人間の能力です。 AI がそれを行うことは可能ですが、それはトレーニング データの品質に依存します。 生成 AI ツールは、知らないことを「幻覚」させることも知られており、これは、AI が生成したコンテンツの精度も大きな懸念事項であることを意味します。

AI があらゆる業界でますます普及する中、プロのライターは職の喪失や新たなキャリアの機会の不足を懸念しています。 AI コンテンツ開発を管理するために専門家を雇用することに移行するにつれて、この新しいテクノロジーに依存しすぎて、使用しないことで私たち自身のライティングスキルが低下するという恐れもあります。

プロの作家と同様に、学界や高等教育で働く人たちは、AI が自分たちの分野に進出することに対して複雑な感情を抱いています。 AIコンテンツ generatorは、授業計画、クイズ、要約、その他の授業関連資料を作成する必要がある教師にとって、時間を節約できる貴重なツールとなります。 学習としても活用できます 豊富なツール群 障害のある学生や英語が第一言語または第一言語ではない学生向けです。 しかし教育者は、生徒が学校の勉強に費やす労力を最小限に抑えたり、AIが生成したテキストを盗用したりするためにこれらのツールをどのように利用するかについて警戒している。 全国の学区が生成型 AI の使用方法と、生成型 AI が学習と教育の将来に何を意味するかについて取り組む中、生成型 AI テクノロジーの使用の禁止から教育の新しい側面として AI リテラシーを受け入れることまで、あらゆることが提案されています。

その他のリソース