MongoDB insert() を使用したオブジェクトの配列と例

「insert」コマンドを使用して、複数のドキュメントを一度にコレクションに挿入することもできます。 以下のコード例を使用して、一度に複数のドキュメントを挿入できます。

次のことwing 例はこれを行う方法を示しています。

ステップ1) 作る JavaScriptを ドキュメントの配列を保持する myEmployee という変数

ステップ2) 必要なドキュメントをフィールド名と値とともに変数に追加します。

ステップ3) insert コマンドを使用して、ドキュメントの配列をコレクションに挿入します。

var myEmployee=
	[
	
		{
			"Employeeid" : 1,
			"EmployeeName" : "Smith"
		},
		{
			"Employeeid"   : 2,
			"EmployeeName" : "Mohan"
		},
		{
			"Employeeid"   : 3,
			"EmployeeName" : "Joe"
		},

	];

	db.Employee.insert(myEmployee);

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます

MongoDB insert() を使用したオブジェクトの配列

出力には、これら 3 つのドキュメントがコレクションに追加されたことが示されています。

JSON形式で印刷する

JSONの と呼ばれる形式です JavaScript Object Notation、情報を整理して読みやすい方法で保存する単なる方法です。 さらなる例では、JSON 印刷機能を使用して、より良い形式で出力を表示します。

JSON形式で印刷する例を見てみましょう

db.Employee.find().forEach(printjson)

コードの説明:

  1. 最初の変更は、Each() で呼び出される関数を find() 関数に追加することです。 これは、コレクション内の各ドキュメントを明示的に確認することを意味します。 このようにして、コレクション内の各ドキュメントに対して実行できる内容をより詳細に制御できるようになります。
  2. XNUMX 番目の変更は、printjson コマンドを forEach ステートメントに追加することです。 これにより、コレクション内の各ドキュメントが JSON 形式で表示されます。

コマンドが正常に実行されると、次のようになります。wing 出力が表示されます

出力:

JSON形式で印刷する

出力は、すべてのドキュメントが JSON スタイルで印刷されていることを明確に示しています。